Macは家電だと思っている男のブログ

MONOLOG-SAIZO

ガジェット、家電

Delonghi マルチダイナミックヒーター、モデル別の違いとラインナップを簡単に説明

投稿日:

自分もそうでしたが、いざマルチダイナミックヒーターを買おうと思ったときにWi-Fi対応やらリモコンありやら違いがわからず、公式サイト見ても非常にわかりづらく目的のモデルを買い間違えそうになったので違いや型名などを書いてみようかと思います。

↓約2年使った感想はこちら

Wi-Fiモデル?リモコンモデル?

現在、市場に出回っているマルチダイナミックヒーターの種類はおおまかにわけると操作系の違いで3種類です。その3種類の中で設定できる最大W数違いがいくつかあります。まずは操作系の違いを簡単に調べてみました。

Wi-Fiモデル

まずWi-Fiモデル(勝手にそう呼びます)。
これはDelonghiの専用アプリかApple製品のホームappから操作します。スマホがリモコン代わりになるのでリモコンが付属しません。(おそらくリモコンモデルのリモコン買っても動かないと思います。)
スケジュール運転のプログラム設定などもDelonghiアプリ上で簡単に出来るので個人的にはWi-Fiモデルが良いかと思います。もちろん最悪の場合には本体のボタンで基本操作だけはできるようになってるので大丈夫です。
Apple HomeKit対応のヒーターは他にないので林檎教の方(というかiPhone利用者)はWi-Fiモデルで確定。通信ハブとしてApple TvかiPadが必要になりますが『MDH15WIFI-SET』ならAppleTv(第4世代)が約5000円でついてくるのでお得です。

ダイヤルモデル

本体の液晶下にダイヤルがあるモデルです。以前はなかったと思うので後から出たモデルなのだと思います。ダイヤルを回したりクリックしたりして操作します。スケジュール運転のプログラム設定もできるのですが、本体の小さな液晶を見ながらダイヤル操作で設定していくスタイルなので操作しづらいかもしれません。

リモコンモデル

Wi-FiモデルのWi-Fi機能をなくしてリモコン操作にしたモデル。Wi-Fiモデルより少し安いです。もしかしたらダイヤルモデルに置き換わっていくのかもしれません。このモデルだけ1200Wタイプがあるっぽいです。リモコンの液晶上でスケジュール運転の設定などをします。
これはまた別の話になりますがリモコン操作なのでWi-Fi操作できる赤外線学習リモコンがあれば外出先からも操作できなくはないですね。ただ設定温度なんかを把握するのが難しいのでオンオフくらいになると思いますが。

最大W数の違い

単にフルパワー運転したときの暖房能力の違いだと思えばOKです。各モデルとも300Wごとに最大電力レベルを設定できるので1500Wモデルでも最大で900Wまでしか使わせないという設定が簡単にできます。
ちなみに1500W運転時でも実際は1300W強くらいの電力消費のようです。

Delonghi マルチダイナミックヒーターのラインナップ

Delonghi、マルチダイナミックヒーターのラインナップです。購入を考えてる人の参考になればいいなと。価格は2018年12月時点での定価です。リンク先の実勢価格はだいぶ安くなってると思います。

MDH15WIFI-SET

MDH15WIFI-SET
¥96,984(本体 ¥89,800、税 ¥7,184)
1500WのWi-Fiモデル。5400円でApple TV(4th Gen)がついてくる。Apple TV持ってないひとならこっちがお得かも。

MDH15WIFI-BK

MDH15WIFI-BK
¥91,584(本体 ¥84,800、税 ¥6,784)
1500WのWi-Fiモデル。Apple TVがいらない人はこっち。自分もコレ。

MDHU15-BK

MDHU15-BK
86270円(本体 ¥79,880、税 ¥6,390)
1500Wダイヤルモデル。リモコンはついてなさそうだがマニュアルに『リモコン受光部』の表記があるのでもしかしたら別売でリモコンが使える?リモコンがないというのはスマートだが実際使いやすいかは謎。個人的にダイヤル付いてるのもあまりかっこよくないかも。

MDHU09-BK

MDHU09-BK
¥64,670(本体 ¥59,880、税 ¥4,790)
900Wダイヤルモデル。MDHU15-BKと比べてW数による性能差はあるがヒーター枚数が減ったことで奥行きがコンパクトに。MDHU15-BKより定価で2万円安い

MDH15-BK

MDH15-BK
1500Wリモコンモデル。現在Delonghiオンラインショップのラインナップになし。ダイヤルモデルに置き換えか?マニュアルなどを見る限りプログラムモードはリモコンのほうが設定し易そうに感じる。

MDH12-BK

MDH12-BK
¥69,984(本体 ¥64,800、税 ¥5,184)
1200Wリモコンモデル。もしかしたら性能と値段で一番コスパがいいのはコレかも?1500Wモデルと比べて15000円安く、900Wモデルより5000円だけ高い。

MDH09-BK

MDH09-BK
¥64,584(本体 ¥59,800、税 ¥4,784)
900Wリモコンモデル

MDH09-PB

MDH09-PB
¥64,584(本体 ¥59,800、税 ¥4,784)
900Wリモコンモデル。
唯一の完全黒カラー。とってもカッコいい。なぜ1500Wモデルにこのカラーを出してくれないのか?デザイン重視でコレ選ぶのもアリかもしれない。

まとめ

選び方のポイントとしては

・ホームappから完全自動運転→Wi-Fiモデル
・外出先から室温確認&操作したい→Wi-Fiモデル
・スケジュール運転できれば十分→リモコンorダイヤルモデル

あとは使う部屋の広さに応じてW数選べば良いかと思います。

-ガジェット、家電
-, , ,

Copyright© MONOLOG-SAIZO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.